知っておきたい給湯器の故障回数と耐用年数の関係性【Warm Water】
HOME>人気記事>知っておきたい給湯器の故障回数と耐用年数の関係性

給湯器の調子が悪い?と感じたら

給湯器は日々の生活を快適にしてくれますが、耐用年数が近いものや機器の不具合により故障してしまう時もあります。その場合は、業者に連絡をしてすぐに点検をしてもらうのが一番です。ではアフターサービスがしっかりとしている業者とサービスがついていない業者ではどう違うのでしょうか?比較してみました。

アフターサービスがしっかりしている業者とそうでない業者の比較

アフターサービスがしっかりとしている業者

修理や交換後のアフターサービスがついている業者だと、設置後故障をした時に保証がついているので無料で修理や交換を行ってくれます。

アフターサービスがついていない業者

保証がついていない業者だと、万が一設置後に故障や不具合が見つかっても追加で修理をしたり、交換をしなくてはいけません。

給湯器

凍結や過度の負担

毎日の生活にはお湯は欠かすことができませんが、それゆえに給湯器が急に故障してしまうとかなり不便となってしまいます。なぜ給湯器が故障するのかも知っておきたいですが、まずあげられるのが冬場の凍結です。寒い時期には配管にたまった水が凍ってしまうことが多く配管が破損してしまうこともあります。さらに小さな号数の機器を設置していて、その後家族が増えたなどの場合や、家庭用の機器を業務用として使うことも機器には大きな負担となり、その結果壊れてしまうこともあります。この他では大雨などの影響で一時的に機器に不具合が出ることもあります。

機器に寿命がきている

給湯器は毎日使うことを想定して丈夫に作られていますので、機器が新しい間は不具合や故障は起こりにくくなっています。給湯器は一度購入すると長期に使うことはできますが、その寿命は8年から10年程度と言われています。それゆえ、すでに寿命が近づいている機器の場合は不具合が起こりやすい傾向にあります。部品の交換などの簡単な修理で改善できる可能性もありますが、破損が進んでいる場合は修理代が高くつくこともあります。この場合は修理よりも買い替えることも検討していきましょう。古い機器は一度修理しても短期間で故障してしまう可能性は高いと言えます。

広告募集中